イオンの食品部門でパートは最初のうちは慣れるまで大変でした。

ちょっとした人間関係を気に辞めてしまって今は働いてはいないのですが、最近まで勤めていたイオンの食品部門のパートの体験談を書いていこうと思います。

私の以前の勤め先はイオンリテール株式会社の農産部門で働いていました。

いわゆる食品売り場によくいる品出しをする仕事です。

きっかけは、インターネットのパートの求人サイトで近所の店舗でパートを募集をしていたので、働くことしました。

主な仕事内容は、ダンボールに入ってくる野菜を店頭に品出し出来る状態にして店頭に出すこと、カットして販売するフルーツの加工、後は店頭に出て商品の補充や品出し、鮮度チェックに値引きといったものです。

勤める時間帯によってメインになる仕事の内容は変わってくるのですが、中でも忙しいのが朝一の仕事になってくるカットフルーツや商品を加工して売り場を埋めていくことです。

最初のうちは慣れるまでが大変かもしれません。

勤めてみての感想は、さすがに大きな会社というだけあって、かなりしっかりとしたマニュアルがあり、私としては仕事を覚えるのにはいい環境になっていると思います。

ひとつだけ気になったことは、土のついた野菜や、灰汁の強いもの、強力な洗剤なども素手で触らなければならないので肌が極端に弱い人にはあまりオススメは出来ません。

(長野県 くまちゃんさん)


>>こちらのサイトでパート先を見つけました。






人気のアイスクリームショップ(サーティワンアイスクリーム)でパート体験

私がしたパートは人気の「サーティワンアイスクリーム」です。

見つけたキッカケはネットの求人サイトでしたが、実際にお客としてよく行っていた店舗だったので、大体お店の雰囲気を知っていたので、楽しそうだなと思って応募しました。

実際は高校生~20代のアルバイトの子が多かったのですが、学校のある時間は店長しかいなかったので、毎日入れるパート枠で採って頂けました。

仕事内容はアイスクリームの販売は勿論、在庫補充やお店の掃除など、基本的に何でもやると言った感じで、思っていたよりしんどかったです。

ですが、若い子が沢山いたので、雰囲気は明るく楽しかったです。

アイスクリームは思っていたより硬く、右腕だけがムキムキになるほどでした。

最初はケンショウ炎になる子も多いみたいです。

簡単そうにアイスをすくっているイメージで甘く見ていましたが、適正の重さでキチンとすくえるように練習したり、アイスによって硬さが違うので、重ねる順番が決まっていたり、丸くするのも意外に難しく、やっぱりお店に居る人たちは「プロ」なんだなと実感しました。

完全に「肉体労働」でした。

アイスだけでなく、サンデーやドリンクなど、一人でテキパキ出来るようになるまで結構大変でした。

あと、消毒のスプレーを頻繁に手に振りかけたりするので手も荒れました。

ですがやっぱりやりがいはありましたし、何より楽しくて、どんどん出てくる新しいアイスも楽しみで仕方なかったです。

今までやったパートの中では断トツで楽しかったですね。

(兵庫県 y-oさん)

>>おすすめのバイトの募集サイトはこちらです。






ドラッグストアで接客、レジ、品出しなどのパートをしました。

夫の転勤により、二年前にこの地にやってきました。

転勤族のため、私はパートタイマーとして仕事をしようと思っていました。

仕事の探し方は主にネットでした。

ネットの求人サイトで勤務地、勤務時間などの条件に合った仕事を探していきました。

その中で見つけたのが、ドラッグストアの販売員の仕事でした。

以前にも接客、レジ操作のパートをしたことがあったので経験もあり、問題なく採用されました。

ドラッグストアでの仕事は主に接客、レジ操作、品出し、商品のレイアウトでした。

ドラッグストアには薬だけではなく生活用品も多く、自分が実際に使っている物の知識や体験を生かしてお客様とお話できるのがとても魅力的でした。

一緒に働いているパートも主婦の方が多く、人間関係もすごく良かったです。

薬や化粧品についても気軽に聞ける人が身近にできたのもありがたかったです。

あとは社員割引も魅力的でした。

日用品や薬、化粧品が10%~20%割引で買えるのです。

ドラッグストアに売っているものは生活していくうえで欠かせない物なので、家計を握る主婦としてはとてもありがたい制度でした。

その一方販売業のパートは人員がかつかつで、とても忙しい日もありました。

また立ち仕事であり力仕事でもあるので、私は妊娠が判明してから続けられずに泣く泣く退職してしまいました。

全体的にとても楽しかったパートだったので、次に引っ越した時にも同じような場所で働くことができたら、と思っています。

>>このサイトでドラッグストアのパートを見つけました。






居酒屋の掃除のパートは主婦におすすめ

主人が小さな雑貨店を経営しており、開店時から私も一緒にお店を手伝っていましたがここ2、3年売り上げが悪く収入が減り、空いている時間に私はパート勤めをすることにしました。

たまたま、近くの居酒屋さんの前を通りがかった時に「掃除、仕込みのパートさん募集」という張り紙を見かけ応募しました。

時給は安く780円でしたが午前中の3,4時間、自分の都合に合わせて出勤でき休みも自由に取れるとのことだったので無理なく働けそうだと思いました。

お店の方もずっと長い間応募がなかったのでぜひ働いて欲しいといわれ、すぐに決まりました。

初めの2,3日はもう一人のパートさんがついて仕事の流れや細かい決まりごとなどを教えてくれましたが次の週からは一人で仕事をするようになりました。

トイレ掃除、テーブルの上を整えてメニューを拭いたり床にモップをかけたり少し体力はいりますが誰にでもできそうな仕事内容ですぐに慣れました。

居酒屋ということもあり、時々ひどく汚れている時もありますがそれも次第に慣れてきます。

仕込みは料理の下ごしらえなどでしたが初めに丁寧に教えていただいたのでこちらも慣れてくればスムーズにできるようになりました。

一般的な仕事に比べると時給は安く、たくさん稼ぎたい人にはは不向きかもしれませんがほとんどが一人での仕事なので何より気楽です。

居酒屋などの掃除の仕事は午前中に時間がある主婦の方やWワークで少しだけ働きたい人にはおすすめの仕事だと思います。

(愛知県岡崎市 masaruさん)

>>おすすめのバイトの募集サイトはこちらです。






生鮮に勤めてみて見える景色

一人暮らしの生活費を稼ぐために掛け持ちするつもりでパートを探しました。

スーパーの青果(野菜や果物)コーナーに所属することになり、実際には12年間勤めたと思います。

社会人になったばかりで、あまりお仕事の経験もなかったのでとにかくどんな職種でも働く気でいました。

どんな仕事も自分にとって良い経験になると信じていたのです。

アルバイト雑誌を開き、普段から通っているスーパーの募集が載っていたので良い印象だったため電話し、指定された日時に面接に行き、若かったこともありすぐに採用になりました。

最初にどこの部門が良いかと聞かれ、どこでも働く気でしたのでどこでも良いですと答えたところ、青果に所属になりました。

結果的に青果の仕事は自分に合っていると思うので、長く勤めることも出来ましたし、とても感謝しています。

その店舗では本来なら、若い子は皆レジに所属がほとんどでしたので、生鮮に若い人がいることがとても珍しく見られることもしばしばありましたが、若いから沢山動けるということもあります。

実際に体力や腕力なども有り余っていましたので、重宝されていました。

長く勤めていると優遇してくれることもありますし、自給も高くなっていきますし、所詮パートだと諦めずに長く勤める努力をしてみると、見える景色も変わると思います。

色んな年代の方と触れるのも勉強になります。

長く勤めると職場の仲間とも絆が生まれて、退社した今も交流を持ったりしていますし、パートをして良かったと今でも感じています。

(北海道札幌市白石区北郷 タブリングさん)

>>おすすめのバイトの募集サイトはこちらです。






幼稚園の通園バスの添乗員の仕事をしました。

スポーツジムのフロントでアルバイトをして10年が経過した頃、休日の希望は通るものの、勤務日数が2週間弱と言う死活問題に陥りました。

そこで掛け持ちをしようと探したのが、幼稚園の通園バスに乗るお仕事です。

インターネットの求人広告に載っていて、住んでいる駅から3駅と近く、時間もスポーツジムのアルバイトにかからない時間帯でした。

保育士の資格が不要だったので即応募しました。

私が乗るバスは、優しいおじさんが運転手の小さいバス。

勤務開始は7時。

バスにお薬など必要なものが揃っているか確認し7時10分に園を出発し園児たちをお迎えに行きます。

ルートは3つあり、1つ目のルートは15名の園児を迎えに行き、園に到着します。

年少、年中、年長すべてが一緒にバスに乗り、仲良く幼稚園に向かいます。

2つ目のルートは18名の園児。

3つ目のルートは16名の園児。

バスでは、年長組さんが年少組さんを労り、座席は自由です。

カバンの置き場や荷物に困ると年長組さんがフォローします。

バスの中での声は「アリさんのお声」です。

「怪獣の声」はいけません。

これは、消防車や救急車など緊急車両が通る際に運転手さんの業務に支障をきたさないためです。

そのような緊急車両が通過する際や踏切を渡る際は、「お口はチャック」という合言葉とともに完全に車内は静かになります。

もちろん暴れたり、席を立ったりしてはいけません。

園児が乗り降りする際は、付近に車両や怪しい人間がいないことを確認し、ドアを開閉します。

挨拶は園児と両手を繋いでリズムに乗ってご挨拶「先生、おはようございます」「先生、さようなら」

保護者の方に連絡事項があればお伝えし、相談をあずかって担任に伝えます。

バス乗車中に、園から無線でお休みの連絡が入った場合は、すぐにルート調整を行うため運転手さんに報告します。

交通事故や、道路情勢などに変化があった場合は、無線で園に連絡しどれくらいの遅れが生じるか報告すると、保護者宛てに園からメールが届く仕組みです。

このように乗車中の業務もたくさんありますが、ゲームやクイズ、お歌を歌ったり、絵本を読み聞かせたり、楽しいことが満載です。

寝てしまった園児を起こすのも大変ですが、泣いている園児を宥めるのも至難の業です。

でも、そんな園児たちが「○○先生、大好き!」と言ってくれるその一言で何もかも吹っ飛んでしまいます。

子供が好きでたまらない方は、やりがいのあるお仕事です。

安全に迎えに行き送り届ける、かつ子供たちの一日一日を大切にしようという使命感のある方にもお勧めします。

(大阪府和泉市 あいすさん)






認可保育園で子持ちのパート保育士をしました。

保育系養成校を出てすぐに幼稚園教諭として勤務していましたが、いろいろあって2年足らずで退職しました。

学生時代から付き合っていた彼とそのまま結婚し、すぐに子どもを授かりその後2人目が生まれるまで約3年間専業主婦をしていました。

2人目が生まれると、どうしても家計が厳しくなってきて、「ぼちぼち仕事を探した方がいいかな…」と思い、まずは子どもたちを預ける保育園を探していました。

しかし年度途中で認可保育園にきょうだい同時に入るというのは、このご時世さすがに難しく、認可外も止むなし、と諦めていました。

ところが、ある日見学に行った認可外の保育室で、そこの理事長に「保育士を探している」と言われ、さらに「今なら姉妹園の認可保育園に空きがあるから、そこに入れてあげる」とも言われました。

そんなことできるのー??と思いつつも、自分の子どもを安心できる認可保育園に今すぐ、しかもきょうだい一緒に預けられるという条件が魅力的すぎて、理事長の口車に乗る形でトントン拍子に話が進んでいきました。

実際に働いてみると、自分の子どもをすぐ近くの姉妹園に預けて働くということのメリットとデメリットの両方がわかってきました。

メリット①子どものための休みが取りやすい。

子どもが急に熱を出したり、行事があったりして休みをもらわないといけないときに、職場の理解がとても得やすいです。

メリット②園のルールが頭に入りやすく、混乱しない。

預ける園と働く園のルールが違うと混乱しそうな気がしますが、姉妹園だとそれがほとんどありません。

ではデメリットはというと…

デメリット①保育園の裏事情がなんとなくわかってしまう。

実際これが一番キツい気がします。

「保育士だって人間だ」ってよくわかってるけど、保護者的には知りたくなかったな…ということもあったりします。

デメリット②仕事が休みの日になんとなく預けづらい。

本当の本当は子どもが保育園に行ってる間に病院とか銀行とか済ませたい用事がいっぱいあるのに…「お母さん、今日仕事休みなのにね…」って後ろ指さされてそうで、なんとなく気が引けちゃいます。

メリット、デメリットまだまだたくさんありますが、ぱっと思い付くものをあげてみました。

私のパート体験はこんな感じです。

(神奈川県横浜市 モルちゃんさん)

>>おすすめのバイトの募集サイトはこちらです。






ラインも接客も嫌だった私が選んだパート先は小さな工場

下の子が小学校中学年になるのを待って、パートを探し出しました。

昼間の時間で自分のお小遣いを稼ぎたかったのが理由だったんですが、現実は殆ど子供の教育費に消えました(泣)。

出来れば近場で、何かあった時に子供も訪ねてこられる距離で探したかったので、新聞に入るチラシや近所の貼り紙を気にするようにして、友達にも尋ねたりしていました。

人間関係が面倒だと聞いていたので、従業員の多いライン作業は眼中にありませんでした。

そんな時にたまたま見つけたのが、家内工業のような感じの小さな工場でした。

従業員も数人と言った規模の小さなところで事務を取り仕切っていたのが同年代の子供持つ社長の娘さんだったので、子供事情もよく分かってくれました。

小さなプラスチックを加工する会社で、毎日一人ずつに仕事が与えられましたので、誰かと話しながら作業を進めて行くというのではなく、人間関係の煩わしさもありませんでした。

最初は、慣らし保育ならぬ慣らしパートで3時間から始めて、少しずつ仕事を覚えると楽しくなってきて、気が付けば9時から5時までフルで働くようになっていました。

パートでしたけど、夏冬のボーナスも寸志という形で頂けましたし、忘年会や新年会代わりにとあちこち食事にも連れて行ってくれました。

パートの主婦ばかりだったので、昼休みを利用してが多かったですが、こちらの都合だからと言って食事会の間の時給もきっちり支給してくれました。

社長さんは、親ほどの年齢の方でしたが、本当に温厚な良い方でこの人が現役で頑張っている間は、勤め続けようと思えました。

結局、体調を崩して辞めざる得なかったんですけど。

私の場合は、仕事先の経営者が信頼できる人であるほど、長く働けたようにおもいます。

この人の為に頑張ろうって思えると、遣り甲斐もありますし。^^

(大阪市 みなさん)

>>おすすめのバイトの募集サイトはこちらです。






通販会社の梱包のパートの仕事をしています。

子供が小学生高学年になり手がかからなくなってきたこと、そして塾代や習い事などの教育費がかかるようになってきたことからパートに行くことにしました。

始めてハローワークに行ってみたのですが、係りの人がとても親切でいろいろ教えてくれて助かりました。

履歴書なんて書いたのは何年前だかわからないくらいに記憶がありませんし、最近では職歴書も添えて応募するそうで書き方も習いました。

パソコンで製作したほうが楽だということから手順を習い作成して、応募しました。

最初は事務職がいいなと思って色々応募してみたのですが、専業主婦の期間が10年以上とブランクが長いこと、子供を産む前は販売で、事務仕事をしたことがないことからなかなか雇ってもらえません。

歳も取っているので記憶力も低下していることもネックになったと思います。

半年くらい就職活動をしましたがなかなか決まらず事務職を諦めてとりあえず何でもよいので土日休めるところとだけ、条件を絞りました。

そうしたらすぐに通販会社の梱包の仕事が見つかりあっさり決まりました。

望んでいたのとは違う仕事で立ち仕事で思ったよりは体力がいるのですが、土日休みですし仕事仲間も良い人ばかりで良かったと思っています。

体力の続く限りこの仕事を続けて行きたいです。

(大阪府 ポルンさん)

>>おすすめのバイトの募集サイトはこちらです。






子供のいる生活に合わせたパート

パートを始めて三年になります。

子供が小学校に入り始めてから時間が出来たので、その間働きたいと思いました。

週に5日、子供と一緒の時間に出勤し、お昼すぎに帰ってきます。

お昼過ぎまでなら、子供の帰りが早くても対応できるので、時間帯を第一希望に探しました。

職種はお弁当を詰める作業員で工場勤務です。

求人雑誌にのっていたことと、地道な作業が自分にはあっていると思ったのでそこに決めました。

作業は単純ですが、工場のラインで運ばれてくるおかずを手早くお弁当箱に入れなくてはいけないので、初心者はかならず練習から入ります。

最初は難しかったですが、コツをつかんでしまえばパッパッと作業できるようになり、楽しくもあります。

交通費も出るし、パートのママさんが多いので、子供が熱などで学校を休んでも、急に休むことも可能です。

お給料は普通ですが、職場の人たちで協力して、空いた人の分はサポートできる体制なので休みはとりやすいところが最大のメリットです。
とくにスキルもいらないので、やる気さえあれば誰でもできる作業だと思います。

でも本当に地道なので、もっと体を動かしたい仕事がしたい人にはあまり向いてはいないかもしれません。

普段は女性の多い職場なので、休憩時間は子供の話で盛り上がっています。

小さい子供のいる育児中の主婦に合った環境の職場を選んだので、長続きしています。

優先順位を決めてからパートを選ぶと、あとで後悔もなく働けると思います

(神奈川県横浜市金沢区 うしりさん)

>>おすすめのバイトの募集サイトはこちらです。






サブコンテンツ

このページの先頭へ